チクチク・アミアミの作業日記。たまにWEBSHOPオープンします。


by sadakiti-town

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
アミグルミ
ヌノコモノ
アミコモノ
オミセノコト
カミモノ
モライモノ
オカイモノ
リョウリ
タビハミチヅレ
ザツネン
カコノサクヒン
レビュー
シゴトノコト
イエノコト
ヨウフク
コソダテノコト

最新の記事

布ぞうりアップしました。
at 2017-05-04 23:28
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 21:56
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 00:31
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-04-26 11:39
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-04-26 10:35

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

リンク

ブログパーツ

フォロー中のブログ

検索

タグ

(150)
(52)
(48)
(23)
(22)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
インテリア・収納

画像一覧

布ぞうりアップしました。

おいでやす。
いいお天気が続くGW。皆様いかがお過ごしでしょうか。
我が家は前半、旦那の実家に帰省し、帰ってからは畑に夏野菜を植えたり、色々やってます。
e0285303_23065320.jpg
さて、イベントのためお休みをいただいておりましたネットショップをオープンしました。
さだママより届いた、大量の布ぞうりをアップしております。70足ぐらいあるよ!
あみぐるみも新しく作ったものもあるのですが、何せ布ぞうりが大量でそこまで手が回らず( ̄ー ̄;)
写真撮影と画像処理だけで何日かかったことか…( ̄ー ̄;)
あみぐるみなどの準備は明日から整えたいと思いますので、今日のところは以前からある分と、布ぞうりのみでオープンしております。
e0285303_23070339.jpg
毎年大人気の布ぞうりですが、今回から、メンズ向けのラージサイズ(約27cm)と、キッズ向けのSサイズ・ssサイズ(約19cm・約17cm)が登場しました!
通常の約24cmのものは「レギュラーサイズ」として並べております。

草履はもともと少しかかとが出るくらいで履くのが普通なので、レギュラーサイズでも約26cm程度までなら使えます。
うちの旦那さんは、25.5cmぐらいなのでレギュラーサイズを使っています。男性の方はご参考になさってくださいね。

さて、だんだん夏へと変化していくこれからの季節。さっぱりとした足ざわりの布ぞうりが活躍すること間違いなし!
さだママの布ぞうりは鼻緒がとても柔らかく、長時間履いていても、指の股が痛くならないところがポイントです。
履いているだけで、床のホコリも取ってくれるし、汚れたら洗濯機で普通に洗えるのもうれしいところ。
母の日も近いので、プレゼントにもお勧めしたい商品です!
プレゼントの方はお知らせいただければ、簡単なプレゼント梱包も致します。
お気軽にご相談くださいませ。

↑↑張り切ってお店へGO!!↑↑

# by sadakiti-town | 2017-05-04 23:28 | オミセノコト

ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!


扉や天板の装飾が出来たら、組み立てます。
天板の土台は木工用ボンドと釘で組み、天板はL型金物6つで固定しました。
カラボにはL字金物4つで固定しています。
兆番で扉を取り付け、マグネットキャッチを付けたら完成!
e0285303_20443348.jpg
最初の段階での完成形…この時は、右下に竹籠などを入れて、収納にしようと思っていたんですけど、しっくりくる籠が見つからず、新たに引き出しを作成しました。
移動しやすいようにキャスター付きにしています。
e0285303_20565420.jpg
電子レンジの取っ手は、ステンレスのシンプルなものにしました。
最初はセリアの取っ手を用意していたのですが、ちょっと小さかったので印象が薄く、こちらに変更。200円ぐらいの安いものでしたが、無機質な感じが意外とよく似合いました。
扉のつまみも結構悩んだのですが、結局シンプルな木製ツマミに落ち着きました。
e0285303_20593629.jpg
水道のパーツとシンクは両面テープで貼るだけです。水切りの網は実際遊ぶときは結構邪魔です(笑)
遊ぶときはトレーの中に敷いて遊んでいるようです…。
コンロのコースターは作業スペースの確保のため、固定せずに置いてあるだけです。
調味料や飾りを置きたいなと、その後余った端材で奥に棚を一つ作成しました。
e0285303_21012973.jpg
一緒に準備したままごと道具。ほとんどが100均で揃えました。
ソルト&ペッパーは、セリアの電球型のビンにダイソーのシードビーズを入れて作りました。
野菜はウッディプッディの野菜セット。これが誕生日プレゼント。
キッチンはおまけみたいなものです(笑)
e0285303_21093813.jpg
くりぬいたシンク部分の板は、意外ときれいにくりぬけたので、ステンシルで看板に仕立てました。
何を書くか、悩んだんですけど、結局シンプル(笑)
e0285303_20482847.jpg
予定した場所に設置して、完成です!やっぱり引き出しにして正解でした~。かっこいい!
カウンター下がタイルだったので、キッチンにぴったりだな!とここへ置くことに決めました。
カウンター下はどうしても薄暗かったので、手持ちのLEDランタンと、IKEAのLED照明をプラスしました。照明の力で雰囲気が格段に上がります!どちらも電池で動くので、電源がいらないのもポイント高かったです。
ここは高さが90cmしかなく、今回は下部のみの製作となりましたが、いずれ身長が伸びてくるとここでは狭いと思うので、移動してまた大きく進化させるつもりでいます。
まぁ、1年ぐらいはここで遊んで、立派な料理男子の土台となってくれればうれしいですな。(o^-^o)

以上、ままごとキッチンが出来るまででした。
大した作り方も載せられませんでしたが、お付き合いいただきありがとうございました。

ままごとキッチンができるまで。

# by sadakiti-town | 2017-05-02 21:56 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け

e0285303_17483800.jpg
さて、塗装などの下処理が終わったら、組み立てなんですけど、ちょっと装飾を。
まずはコンロツマミのメモリを書きます。
コンパスと紙を用意します。
e0285303_17502274.jpg
ツマミの中心とつまみのサイズを書き込んだら、同心円状に大きめに弧を描きます。
e0285303_17511341.jpg
中心を下にずらし、好きな幅になるように弧を描きます。(大きい丸が中心です。)
e0285303_17531434.jpg
線は太目にひいておく方がいいです。これで線を残して切り抜き、ステンシルシートを作ります。
(つまみの位置を確認するため、つまみの〇もくりぬいておきます。)
あとは、これを木に置いて、普通のスタンプインクを付けたスポンジで、ポンポンとステンシルするだけです。
スポンジはメラミンスポンジが使いやすいです。普通のスポンジでも大丈夫。
ステンシルが出来たら、英字スタンプ(セリアのもの)で「OFF」「MAX」を押して完成。

カチカチシステムはこちらを参考につけました。
ままごとキッチン カチカチ コンロ で検索するとダイソーのおもちゃがなくてもできる方法もたくさん出てきますよ!
e0285303_23085361.jpg
次にキッチンタイマーの取り付けを行います。
今回はダイソーで売られている左下のニワトリ型キッチンタイマーを使用しました。
他にもリンゴ型とかキノコ型とかありましたが、基本は同じもののようです。

キッチンタイマーの取り付けは、難航を極めて、もはや収拾が付かないぐらいまで粉砕し、もう、ダルトンとかのかっこいいアナログキッチンタイマー買って、付けようかな…と4回ぐらい心折れそうになりました( ̄ー ̄;)

↑ダルトンのキッチンタイマー。かっこいいよね。1000円もするけどね!

さて、難航を極めた結果、気が付いたら写真撮ってないのいつものコースなので、できるだけイラストでご紹介します。
下手です(笑)
e0285303_23492501.jpg
引っこ抜けば、普通に外れます。まずはニワトリを完膚なきまで粉砕(笑)
e0285303_23502851.jpg
羽のようなものが4枚伸びて、ニワトリの形状を支えているので、羽の部分を少し残して↑こんな形に残します。
(大体こんな感じに残れば大丈夫。引っかかればいいので、ほんの少し出ているだけでもOKです。)
e0285303_23522513.jpg
ツマミの裏側に突き抜けない程度に彫り込みを入れます。彫刻刀があれば比較的簡単です。
e0285303_23532687.jpg
木工用ボンドでは弱いので、プラスチックも木にも使える強力瞬間接着剤がいいです。結構グリグリと負荷がかかるので、ガッチリ固定してください。
ツマミの方のパーツはこれで完成。
e0285303_23560153.jpg
下部のパーツの加工です。裏側のねじを緩めて、中にあるベルの本体を取り出します。
e0285303_23570427.jpg
これまた大体なんですけど、端から1/3ぐらいのところに1~2mmぐらいの幅の切り込みを入れます。
ちなみに私は、ここに至るまでに、下の部分も切りまくっていたので、ぼっこり大穴が開いてしまい、大変見苦しくなりました(笑)
e0285303_23592363.jpg
中身を戻して、準備完了!電子レンジの扉に、ドリルで穴を開けて、本体を固定していきます。
e0285303_23030258.jpg
最初に固定したのがコチラ…L型金物が、上下互い違いに固定したんですけど、これだと逆回転でひねったらポロッと取れてしまいました。
e0285303_00044586.jpg
で、わかるかな…?こんな感じで、上下の金物が同じ方向を向くように取り付けます。こうすると、どっちにツマミを回しても外れません。
それにしても、切りすぎです…。しかも雑で、とがりまくり…( ̄ー ̄;)危険。
e0285303_00073512.jpg
最終的には、こうやって、黒のビニールテープでグルグル巻きにして保護しました。見た目も目立たなくなって、よりガッチリ固定出来てよかったと思います。
あちなみに、扉にはドリルで穴を開けて、本体から延びる棒を通し、先ほどのつまみのパーツに差し込めば、表側も完成。
キッチンタイマーのつまみには、だからビスは使っていません。
e0285303_00120664.jpg
キッチンタイマーが60分だったので、つまみの周りには12分割のメモリを付けました。
キッチンタイマー自体が、あまり正確ではないようなので、この辺は適当です(笑)
裏からアクリル板を止めて、セリアで買ってきたウォールステッカーをペタリ!
測ったようにぴったりサイズ!このシールがすごくいい雰囲気を出してくれました。セリア様様!
レンジのボタンは、モザイクタイルにしようかと思っていたんですけど、セリアでよさげなプッシュピンを見つけたのでそれにしました。
ちょっとピンの長さが長すぎたので、ペンチで半分ぐらいに切って、瞬間接着剤で固定しました。
タイルを貼るより、すっきりしてかっこよくなったと思います!
さて!これで工作の時間は終わりです!
次回はもう完成です!

ままごとキッチンができるまで。

# by sadakiti-town | 2017-05-02 00:31 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。3.切る、磨く、塗る

製作1日目。
カットミスした材をカットしなおして調整するも、やっぱり一つパーツが取れなくなり、再びホームセンターで調達。
これでようやくほんとに作業開始。

まずはすべての材をヤスリがけ。
60番の紙やすりで粗削り。240番で仕上げ磨き。
雨だったので室内で窓を開けてゴリゴリやっていたら、途中ツバメが乱入してきたりと大変でした(笑)

次に、ままごとキッチン一番の難所、「シンクの穴あけ」です。

1.天板にシンクのトレーを逆さに置き、型を写す。
2.その線の内側に小さめの線を書く。
3.カーブに沿って、細いドリルで穴を細かく開けていく。
4.引廻しノコを差し込んでカットしていく。

…えー…この辺必死すぎて全然写真撮ってません( ̄ー ̄;)スンマセン
でも、ほら、「ままごとキッチン 天板 穴」とかでググれば、腐るほど情報有りますんで、どうぞ、そちらをご参考に。
一言、付け加えておくとするなら「引廻しノコ、超便利」っていうことでしょうか。
今回買ってよかったと思った道具、No,1です。

さて、天板の穴を開けたら、もはやできたも同然!
次に塗装に入ります。
e0285303_11211893.jpg
この日は大雨でしたが、早く作りたい一心で、塗装も決行!物干しにレジャーシートをぶら下げて雨除けにしてます(笑)
まずは天板とツマミを、ダイソーの水性ニスで塗装。100円ですが、物はとてもよかったです。においもそんなに気になりません。
「チーク」色、1度塗りですが、なかなかいい色です。
乾かしている間に、扉の組み立てを行います。

扉の組み立て
1.扉の枠を裏を上にして置き、小口に木工用ボンドを薄く塗ってくっつける。
2.つなぎ目をタッカーで2か所ずつ留める。
3.ベニヤの端っこに木工用ボンドを塗りかぶせる。
4.タッカーで思う存分留める。(1辺に3~4か所で十分)

ボンドが乾くのに少し時間がかかりますが、タッカーで抑えとくと、結構すぐにカッチリくっつきます。
ボンドとタッカー最強。
e0285303_11295577.jpg
扉が出来たらさっそく塗装。黒いのは電子レンジになる予定。アクリル板は後ではめます。
物置から出てきた8年前のペンキが、案外かわいい色だったので、ペンキもこれを使うことにしました。
これが、なんともチークのカラーと相性がよくって!うれしい誤算でした。
※この時は引き出しはまだ作っていません。

雨の中、塗装作業が終了。
翌日から、お楽しみの工作の時間の始まりです。

ままごとキッチンができるまで。


# by sadakiti-town | 2017-04-26 11:39 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。2.使えるパーツを探そう

いざ!図面を片手にホームセンターへ!
木材をチョチョイとピックアップして、カットしてもらいます。
カット代は1カット20円でした。
カット割り通りにやってもらうと420円でできます。
(ベニヤは自分でカッターでカットしました。)
安いですよね~。自分でカットする手間を考えれば、お願いしますの一択です。

ついでに、ここで、ホームセンターで購入したものを一覧で書いておきます。
・木材・アクリル板(4㎜厚)・引廻しノコ(500円ぐらい)・木工用ボンド(少量でよい)・瞬間接着剤(木・金属などなんでも使えるやつ、100円ぐらい)・L型金物(4個70円の小さいもの2つ、計8個)・L字金物(4つセットで60円ぐらい)・扉のつまみ2つ・なべタッピングビス12mm1袋

↑こういうのがL字金物ね。

↑こういうのがL型。使ったのはもっとちっちゃいやつだけど。
(…まぁ、ホントの呼び方は他にあるのかもしれんけど、私はこう呼んでいる)

ホームセンターで5000円ぐらいは使います。
このほか、私はもともと持っているのですが、道具類はある程度必要です。
電動ドライバー、ドリルのビット、ノコギリ、金づち、釘(20mmぐらいのやつ)、タッカー、紙やすり、カッター、アクリルカッター、ペイント道具一式…ぐらいかな…。
このあたり、全部そろえる!という場合は、木製キッチン買った方が安いと思います(笑)
都会の大きなホームセンターでは道具の貸し出しや、木工室でやれたりするようなので、そういうサービスも探してみるといいかもしれません。
糸島にはそういうのなさそうです。調べてないけど。

さて、ホームセンターの次は100均へ!
うちの近所にはセリアとダイソーがあるので、梯子します!
e0285303_2327273.jpg

で、パーツとして購入したのが↑こちらです。
左上:デコラティブな取っ手(セリア・結局使わず)
真ん中上:コンロのつまみをカチカチさせるための木製おもちゃ(ダイソー)
右:シンク用のステンレストレーと水切り網(ダイソー・決め手は縁が太いとこ)
左下:電子レンジのつまみに仕込むアナログキッチンタイマー(ダイソー・200円)
真ん中下:コンロ役のコースター(ダイソー・2枚セット)
そのほか、塗料として、水性ニス(ダイソー・チーク)・黒の水性塗料(ダイソー)を購入しました。
ダイソーの店舗が大きいので、かなり理想に近いものが手に入りました。
シンクは絶対に四角がいい!と思っていたのですが、セリアにはあまりステンレストレーは無くて、ダイソーのほうがサイズも豊富にそろっていました。

ナチュラルでかわいらしいままごとキッチンが多いですが、うちは男の子ですし、どちらかというと、かっこいい、雰囲気的にトラディショナルな感じか、こう…ブルックリンスタイルっていうんですか?(なんなのブルックリンスタイルって)そういう感じにしたかったので、塗料などもちょっとダークな感じで攻めることにしました。メインのカラーはイギリスの塗料F&Bにしようと思っていたので、ここでは買いませんでした。(結局家にあったペンキ使ったんだけど(笑))

さて!これで材料が揃いました!やったね!
e0285303_23421160.jpg

アトリエを片付けて、DIYエリアを確保。
さっそく木材を立てかけてイメージを確認…

これは…これはもう出来てるやん!!
ま、この後扉を立てかけてみたらどうにもずれているのが発覚…
よく見たら、カットする材間違えてるやん!(私が間違えたので店員さんのせいではない)
というわけで、構想3日目は、このまま紛らわしていくかと悩みながら終わっていくのでした。

いよいよ作成!楽しみだ!

ままごとキッチンが出来るまで
0.プロローグ
1.設計図を書いてみよう
# by sadakiti-town | 2017-04-26 10:35 | コソダテノコト