チクチク・アミアミの作業日記。たまにWEBSHOPオープンします。


by sadakiti-town

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
アミグルミ
ヌノコモノ
アミコモノ
オミセノコト
カミモノ
モライモノ
オカイモノ
リョウリ
タビハミチヅレ
ザツネン
カコノサクヒン
レビュー
シゴトノコト
イエノコト
ヨウフク
コソダテノコト

最新の記事

布ぞうりアップしました。
at 2017-05-04 23:28
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 21:56
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 00:31
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-04-26 11:39
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-04-26 10:35

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

リンク

ブログパーツ

フォロー中のブログ

検索

タグ

(150)
(52)
(48)
(23)
(22)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
インテリア・収納

画像一覧

タグ:ベビー ( 3 ) タグの人気記事

お久しぶりです。アップリケ。

おいでやす。さだきちです。
今日は久しぶりにアップリケ商品を作りましたのでご紹介。
e0285303_09162254.jpg
9年前、オーダーにより生まれたオムツポーチ。
自分が使うことになる日が来るとはねぇ。
改めて使ってみて、案外かわいくていいかも…と思ったので、
久しぶりにアップリケ復活!で作ってみました。
e0285303_09162379.jpg
私が普段使っているように入れるとこんな感じ。
おむつを替えるのに必要なものが全部入ってます。
e0285303_09162342.jpg
ふた部分のポケットにはおしりふきやポケットティッシュなどが入ります。
e0285303_09162362.jpg
中に入っているのはこんな感じ。おしりふき、おむつ4枚、着替えの肌着、ハンドタオル、ビニール、ポケットティッシュ。
これに+ロンパースも入れたり…と思いのほか大容量です。
オムツポーチとしてもいいですが、旅行時の収納として、お子様のお着替え入れにも使えます。
e0285303_09162364.jpg
あんまり荷物がないときでも、おむつポケットがダルダルにならないよう、脇のマチ部分はゴムで絞っています。
e0285303_09384237.jpg
うさぎ、らくだ、ぞうさん、かえる、の4種類をご用意しました。
ショップに並べますので、よろしければぜひ!
e0285303_09385557.jpg
プチサイズのキーホルダー類も、合わせてご用意いたしました。
少量ずつしかありませんが、こちらもお勧めです(o^-^o)

てしごと屋ロングテールはコチラへ→★★★

by sadakiti-town | 2015-07-25 09:42 | ヌノコモノ

2か月になりました。

おいでやす。お久しぶりです。さだきちです。
e0285303_15192130.jpg
生後2か月になりました。おかげさまですくすく成長中。
ブログを書いているような余裕はなく、日々ものすごいスピードで過ぎていきます。
とにかく時間の経過が早くて、腹が減る余裕さえない感じ(笑)
時間の経過は早いけど、気分的には下がることなく、疲れはあるが、疲れ切ったりはしていない。
そんな感じです。
まだ動きも少ないので、昼間の暇な時間には、アレコレ手作りしたりもしています。
ショップを開けるほどの余裕はまだないけれど、今のうちにいろいろ作りためておきたいな。

さて、この2か月、子育てに初めて触れてみて、感じた事なんぞを書いておきます。
e0285303_15101391.jpg
その1 トッポンチーノ最強
産まれる前に用意したもので、もっとも使っているのがこちらのトッポンチーノ。
もう使いすぎてペッタンコのセンベイ座布団みたいになってます(笑)
最初のころは、いまいち良さがわかんなかったんだけど、最近は手放せない!
背中スイッチは、もともとあまり発動しない子だけれども、トッポンチーノに乗せて抱っこする方が、腕の負担が格段に和らぎます。
お風呂からあげた時も、脱衣室の床がタイルで固いもので、トッポンチーノ+防水シート+バスタオルで対応してますし、ショッピングモールのカートにもトッポンチーノ突っ込んで寝かせたりしています。
まぁ、トッポンチーノじゃなくても、座布団とかでもよろしいとは思うのですが、このサイズ感とやわらかさがまたなんともちょうどいいのです。
これから出産を控えてる人にはぜひとも作って損はないとお勧めします。


その2 カトージ ニューヨークベビー バウンサー
「神のゆりかご」と我が家では呼んでいるバウンサー。
ベビービョルンのバウンサーとだいぶ悩んだんだけど、形の可愛らしさからこちらを購入しました。
結果我が家では大正解。その理由が↓こちら
e0285303_15192795.jpg
トッポンチーノのサイズがハマりすぎるぐらいハマる!
トッポンチーノで抱っこしていて眠ったら、トッポンチーノごとバウンサーにドン!で確実に寝ます。
ちょっとぐずっても、揺らせば9割は寝ます。
新生児のころは体が小さくて、あまり動かないので、留め具もあまり使わないし、これ、本当に便利です。
最近はお風呂も脱衣室までバウンサーを持って行って、トッポンチーノの上で着替えさせたらそのままバウンサーに載せています。1時間はゴキゲンで寝てるか遊んでます。
その間にゆっくりお風呂に私が入るって感じ。
もうほんとに、バウンサーがなければどうすれば…というシーンは何度となくあります。
ビョルンのバウンサーの方が、スマートだけれど、私はニューヨークベビー、お勧めです。


その3 ミニベビーベッド
「ベビーベッド、いらん!」という口コミが多い中、我が家もいらん!と思っていたベビーベッド。
お向かいのおうちの方が、「貸すよ!あるよ!貸すよ!」というので断りきれず(笑)やってきました。
しかし!これホントにあってよかった~~。
「ベッドでは寝ない」という子も多いと聞くが、うちの子めっちゃ寝ます。
さらに、今まであまり気にしなかったんだけど、末っ子猫の三毛猫の野郎が走るわ飛ぶわで、めっちゃ危ない!
床に転がしとくのは、あまりに不安だったなぁ…と、今更思います(笑)
三毛猫さえ落ち着けば、いらないかもしれないのだが…( ̄ー ̄;)

いるかいらないか…ってのは案外使ってみないとわからないものですな。
結局大きなものは借りるのが一番!ってことなのかも。
さて、そろそろグズりだす頃合いなので、今日はこの辺で。
次は作ったアレコレアップしま~っす。

by sadakiti-town | 2015-06-15 17:10 | コソダテノコト

無事、生まれました。

e0285303_14053658.jpg
おいでやす。
ここ数日、いろんなことが起きて、なんだかヘロヘロのさだきちです。
ひとまず、ブログでご報告。
もう2週間もたってしまいました。先々週4月15日。
予定日きっかりに、第1子長男が無事に生まれました。
出産時の体験は、なんだかとっても面白いことになったのですが、それはまた別の機会に書くことにします。
おかげさまで、母子ともに大変元気に過ごしております。
e0285303_09282536.jpg
産後は実家に帰ったりと、中々思ったように時間が取れず、ようやく今日命名書を作りました。
PCで作っただけなので、簡単ではありますが…( ̄ー ̄;)
フレームは北の住まい設計社の物なので、ちょっとだけ上等に見えます(笑)うん。素敵。

名前は本当に悩みました。難しいですね。名前を考えるって。
さすがに粉モノネームはイカンだろってことで(笑)

わたるへ。
私たちが過ごしている世界は、とっても狭くて居心地が悪いこともたくさんあって、子供のあなたには窮屈な世界かもしれない。私の子供のころもそういう風に思ったことがあるから。
でも、今になって見渡してみれば、この世界はとてつもなく広く、いろんな人がそれぞれの世界観で素敵に生活をしていることを見ることができます。私が子供のころは、そういう世界を覗くことが難しかった。
現代は、私の子供のころとは違い、PCが普及し、携帯電話が普及し、スマホが普及し、SNSが普及し、ネットの力で世界のボーダーは非常に低くなりました。きっと私が思うような世界観を軽々と乗り越えて、あなたは広い世界を進んでいくことになるでしょう。
親からの庇護のもと、狭いながらもぬくぬくと育ってきた私と違い、あなたの進む未来にはきっと私たちにはわからない楽しい経験があり、しかしだからこその危険もあり、それを経て成長もあることと思います。
あなたの人生が終わるその日まで、この広い世界を、元気にたくましく楽しくわたっていけますように。
そんな思いを込めて、この名前を贈ります。

でも、まぁ、いろいろ思いは込めたけど、母の願いはただ一つ。
どうか健やかに元気に育ってください。それだけ叶えば、母は本望。

by sadakiti-town | 2015-04-28 10:00 | コソダテノコト