人気ブログランキング |


チクチク・アミアミの作業日記。たまにWEBSHOPオープンします。


by sadakiti-town

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
アミグルミ
ヌノコモノ
アミコモノ
オミセノコト
カミモノ
モライモノ
オカイモノ
リョウリ
タビハミチヅレ
ザツネン
カコノサクヒン
レビュー
シゴトノコト
イエノコト
ヨウフク
コソダテノコト

最新の記事

【無料型紙No,03】モラモ..
at 2020-05-19 17:43
布ぞうりアップしました。
at 2017-05-04 23:28
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 21:56
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-05-02 00:31
ままごとキッチンが出来るまで..
at 2017-04-26 11:39

以前の記事

2020年 05月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

リンク

ブログパーツ

フォロー中のブログ

検索

タグ

(151)
(52)
(48)
(23)
(22)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
インテリア・収納

画像一覧

タグ:handmade ( 151 ) タグの人気記事

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16161324.jpg
おいでやす。さだきちだよ。
皆様お久しぶり。
久しぶりすぎて、ブログにログインするのに30分かかったよ(爆)

さて、すっかりご無沙汰のブログですが、
ちょいと無料型紙でもアップしてみようかなってことで久しぶりに書いております。
モラモラケースってなんぞや!って人も多いかと思いますが、
息子が通うことになった、英語教室の教材の機械「モラモラ」を保護するケースです。
ほとんどの人は「いらねぇ…」って感じでしょうが、
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16195598.jpg
このね、布の中央に穴を開けるっていうのが、
実は意外と簡単にできるんだよってことをお伝えしたく、
やり方だけでも、誰かのお役に立てれば…と思った次第です。
さて、さっそく作り方をアップしていきます。
今回、大した型紙はありませんが、一応、くりぬきの型を作ったものを
HPの「無料型紙」のページに用意しました。
必要な方は、どうぞダウンロードしてくださいね!

さて、では行ってみましょう。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16263991.jpg
必要材料
表地の布30×70
内布(キルティング)30×70
20mm幅ゴム12cm
25mm幅カバンテープ18cm
マジックテープ お好みで。

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16321275.jpg
①材料を切り出す。
今回の私が作ったものは、
表地:ストライプリネン(フタはリネンで切り替え)
内布:キルティング

切り替えなくても、布がかわいけりゃ、かわいくできます。
柄の向きが決まっている場合、ふたの装飾方向に気を付けてくださいね。
布の裏側に、型紙に記載している点線ラインをすべて記入しておいてください!
(あ、キルティングの、くりぬき穴は書かなくていいです。)

②布に折すじを付ける。
今回、簡単に縫製をするために、マチをサイドの縫製で一気に作る方法をとります。
そのため、少し布を細かく折りたたみます。
わかりにくいかもしれませんが、ゆっくりついてきてね!
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16362446.jpg
まずは前面と背面のラインで谷折り
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16431885.jpg
先ほど折ったラインの両脇2cmずつのところを、今度は山折り。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16441800.jpg
こんな感じでM字になります。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16444407.jpg
キルティングも同じ。
ピンクが谷折り。赤が山折り。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16452422.jpg
こうなります。
ちなみに、キルティングは中温でアイロンかけてね。
高温だと中のポリエステル綿がぺっちゃんこになっちゃうから。

③内布の蓋と本体をくっつける。(返し口作る)
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16471489.jpg
内布のキルティングを合体!この中央あたりが返し口になります。
15cmほど開けて、両脇だけ「縫い代1cm」で縫ってください。
※この時、ふたを縫い付ける方向を間違わないようにしてください。
型紙でいう、「背面」(19cmの長さの方)にフタを縫い付けます。
かくいう私は、試作と本番、両方間違えました(汗)

④モラモラペンを留めるゴムとマジックテープを付ける。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16532301.jpg
ゴムは中央から4㎝ずつ開けて付けてます。
もう少し内側でも大丈夫かな、7~8cmぐらいあれば安定します。
マジックテープは100均の粘着タイプにしてみました。
この辺はお好みで。粘着タイプはあまり強度はありません。はい。
縫い付けタイプにすればよかったな。

⑤穴の縫製。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_16582662.jpg
まずはキルティングと表布を中表合わせます。
底中心(前面と背面の境のライン)を合わせて、待ち針を打っていきます。
何か所か打って、布がずれないように固定します。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17003791.jpg
裏に返すとこうなっています。
表地のほうが3㎝長いです。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17011873.jpg
穴の形にぐるっとミシンをかけます。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17031393.jpg
8mmぐらい内側をくりぬきます。
私はリッパーで少し穴をあけてから、はさみで切ってます!
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17041792.jpg
1cm刻みぐらいに切り込みを入れます。
縫った糸を切らないように注意!
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17051063.jpg
くりぬいた穴から布をひっくり返します。

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17101945.jpg
ほら、もう穴できた。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17134010.jpg
表からアイロンをかけて落ち着かせます。
待ち針で、キルティングとずれないように何か所か固定。
穴の周りにステッチをかけます。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17144868.jpg
私は抑えを端にあてて、この幅で縫うことが多いです。
7~8ミリぐらい。結構ちょうどよい幅です。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17162199.jpg
ほい。穴できました。簡単でしょう?
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17171330.jpg
裏返して、表地の余っている3㎝を1.5mmの三つ折りにして、
キルティングの端をくるんでいきます。

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17183003.jpg
こんな感じで、ミシンで縫います。
これで、穴部分の縫製は完了。
本体の縫製に入りま~す。
ここから、めっちゃ早いよ。

⑥全体の縫製。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17205834.jpg
最初につけた折すじに沿って折りたたみます。
穴を挟んで、キルティングと表地が中表に重なるはずです。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17231659.jpg
こんな感じ。(ああ・・・めっちゃピンボケ)
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17240075.jpg
全体を待ち針かクリップで留めます。
蓋の位置など、表地、内布、それぞれ合わせてください。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17251225.jpg
折りたたんだところは、こんな感じにジャバラ状になっています。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17271107.jpg
ジャバラ状以外の3辺を一気に縫います。
縫い代は1cm。
縫い終わったら、カーブのところは1cm刻みに切り込みを入れてください。

⑦仕上げ
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17282249.jpg
返し口から表に返します。フタから出した方が返しやすいです。
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17292361.jpg
ほい。もう出来てる。
下の方にマジックテープを貼りました。
粘着タイプ弱…(以下略)
【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17304224.jpg
蓋の部分にカバンテープを縫い付けます。
1.5cmぐらい離すとバランスがよかったので、参考にしてください。
カバンテープはあまり内側につけると、
裏のペンホルダーのゴムに干渉するので、
このあたりに縫い付けるのがよいかと思います。
あまり端っこ過ぎてもなんかたわんじゃってよろしくなかったです。

【無料型紙No,03】モラモラケースの作り方_e0285303_17331402.jpg
完成!お疲れさまでした!

マインクラフトにドはまりしている息子用のマイクラ柄ケースでした。(笑)


by sadakiti-town | 2020-05-19 17:43 | ヌノコモノ

布ぞうりアップしました。

おいでやす。
いいお天気が続くGW。皆様いかがお過ごしでしょうか。
我が家は前半、旦那の実家に帰省し、帰ってからは畑に夏野菜を植えたり、色々やってます。
布ぞうりアップしました。_e0285303_23065320.jpg
さて、イベントのためお休みをいただいておりましたネットショップをオープンしました。
さだママより届いた、大量の布ぞうりをアップしております。70足ぐらいあるよ!
あみぐるみも新しく作ったものもあるのですが、何せ布ぞうりが大量でそこまで手が回らず( ̄ー ̄;)
写真撮影と画像処理だけで何日かかったことか…( ̄ー ̄;)
あみぐるみなどの準備は明日から整えたいと思いますので、今日のところは以前からある分と、布ぞうりのみでオープンしております。
布ぞうりアップしました。_e0285303_23070339.jpg
毎年大人気の布ぞうりですが、今回から、メンズ向けのラージサイズ(約27cm)と、キッズ向けのSサイズ・ssサイズ(約19cm・約17cm)が登場しました!
通常の約24cmのものは「レギュラーサイズ」として並べております。

草履はもともと少しかかとが出るくらいで履くのが普通なので、レギュラーサイズでも約26cm程度までなら使えます。
うちの旦那さんは、25.5cmぐらいなのでレギュラーサイズを使っています。男性の方はご参考になさってくださいね。

さて、だんだん夏へと変化していくこれからの季節。さっぱりとした足ざわりの布ぞうりが活躍すること間違いなし!
さだママの布ぞうりは鼻緒がとても柔らかく、長時間履いていても、指の股が痛くならないところがポイントです。
履いているだけで、床のホコリも取ってくれるし、汚れたら洗濯機で普通に洗えるのもうれしいところ。
母の日も近いので、プレゼントにもお勧めしたい商品です!
プレゼントの方はお知らせいただければ、簡単なプレゼント梱包も致します。
お気軽にご相談くださいませ。

↑↑張り切ってお店へGO!!↑↑

by sadakiti-town | 2017-05-04 23:28 | オミセノコト

ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!


扉や天板の装飾が出来たら、組み立てます。
天板の土台は木工用ボンドと釘で組み、天板はL型金物6つで固定しました。
カラボにはL字金物4つで固定しています。
兆番で扉を取り付け、マグネットキャッチを付けたら完成!
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_20443348.jpg
最初の段階での完成形…この時は、右下に竹籠などを入れて、収納にしようと思っていたんですけど、しっくりくる籠が見つからず、新たに引き出しを作成しました。
移動しやすいようにキャスター付きにしています。
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_20565420.jpg
電子レンジの取っ手は、ステンレスのシンプルなものにしました。
最初はセリアの取っ手を用意していたのですが、ちょっと小さかったので印象が薄く、こちらに変更。200円ぐらいの安いものでしたが、無機質な感じが意外とよく似合いました。
扉のつまみも結構悩んだのですが、結局シンプルな木製ツマミに落ち着きました。
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_20593629.jpg
水道のパーツとシンクは両面テープで貼るだけです。水切りの網は実際遊ぶときは結構邪魔です(笑)
遊ぶときはトレーの中に敷いて遊んでいるようです…。
コンロのコースターは作業スペースの確保のため、固定せずに置いてあるだけです。
調味料や飾りを置きたいなと、その後余った端材で奥に棚を一つ作成しました。
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_21012973.jpg
一緒に準備したままごと道具。ほとんどが100均で揃えました。
ソルト&ペッパーは、セリアの電球型のビンにダイソーのシードビーズを入れて作りました。
野菜はウッディプッディの野菜セット。これが誕生日プレゼント。
キッチンはおまけみたいなものです(笑)
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_21093813.jpg
くりぬいたシンク部分の板は、意外ときれいにくりぬけたので、ステンシルで看板に仕立てました。
何を書くか、悩んだんですけど、結局シンプル(笑)
ままごとキッチンが出来るまで。5.完成!_e0285303_20482847.jpg
予定した場所に設置して、完成です!やっぱり引き出しにして正解でした~。かっこいい!
カウンター下がタイルだったので、キッチンにぴったりだな!とここへ置くことに決めました。
カウンター下はどうしても薄暗かったので、手持ちのLEDランタンと、IKEAのLED照明をプラスしました。照明の力で雰囲気が格段に上がります!どちらも電池で動くので、電源がいらないのもポイント高かったです。
ここは高さが90cmしかなく、今回は下部のみの製作となりましたが、いずれ身長が伸びてくるとここでは狭いと思うので、移動してまた大きく進化させるつもりでいます。
まぁ、1年ぐらいはここで遊んで、立派な料理男子の土台となってくれればうれしいですな。(o^-^o)

以上、ままごとキッチンが出来るまででした。
大した作り方も載せられませんでしたが、お付き合いいただきありがとうございました。

ままごとキッチンができるまで。

by sadakiti-town | 2017-05-02 21:56 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け

ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_17483800.jpg
さて、塗装などの下処理が終わったら、組み立てなんですけど、ちょっと装飾を。
まずはコンロツマミのメモリを書きます。
コンパスと紙を用意します。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_17502274.jpg
ツマミの中心とつまみのサイズを書き込んだら、同心円状に大きめに弧を描きます。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_17511341.jpg
中心を下にずらし、好きな幅になるように弧を描きます。(大きい丸が中心です。)
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_17531434.jpg
線は太目にひいておく方がいいです。これで線を残して切り抜き、ステンシルシートを作ります。
(つまみの位置を確認するため、つまみの〇もくりぬいておきます。)
あとは、これを木に置いて、普通のスタンプインクを付けたスポンジで、ポンポンとステンシルするだけです。
スポンジはメラミンスポンジが使いやすいです。普通のスポンジでも大丈夫。
ステンシルが出来たら、英字スタンプ(セリアのもの)で「OFF」「MAX」を押して完成。

カチカチシステムはこちらを参考につけました。
ままごとキッチン カチカチ コンロ で検索するとダイソーのおもちゃがなくてもできる方法もたくさん出てきますよ!
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23085361.jpg
次にキッチンタイマーの取り付けを行います。
今回はダイソーで売られている左下のニワトリ型キッチンタイマーを使用しました。
他にもリンゴ型とかキノコ型とかありましたが、基本は同じもののようです。

キッチンタイマーの取り付けは、難航を極めて、もはや収拾が付かないぐらいまで粉砕し、もう、ダルトンとかのかっこいいアナログキッチンタイマー買って、付けようかな…と4回ぐらい心折れそうになりました( ̄ー ̄;)

↑ダルトンのキッチンタイマー。かっこいいよね。1000円もするけどね!

さて、難航を極めた結果、気が付いたら写真撮ってないのいつものコースなので、できるだけイラストでご紹介します。
下手です(笑)
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23492501.jpg
引っこ抜けば、普通に外れます。まずはニワトリを完膚なきまで粉砕(笑)
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23502851.jpg
羽のようなものが4枚伸びて、ニワトリの形状を支えているので、羽の部分を少し残して↑こんな形に残します。
(大体こんな感じに残れば大丈夫。引っかかればいいので、ほんの少し出ているだけでもOKです。)
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23522513.jpg
ツマミの裏側に突き抜けない程度に彫り込みを入れます。彫刻刀があれば比較的簡単です。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23532687.jpg
木工用ボンドでは弱いので、プラスチックも木にも使える強力瞬間接着剤がいいです。結構グリグリと負荷がかかるので、ガッチリ固定してください。
ツマミの方のパーツはこれで完成。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23560153.jpg
下部のパーツの加工です。裏側のねじを緩めて、中にあるベルの本体を取り出します。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23570427.jpg
これまた大体なんですけど、端から1/3ぐらいのところに1~2mmぐらいの幅の切り込みを入れます。
ちなみに私は、ここに至るまでに、下の部分も切りまくっていたので、ぼっこり大穴が開いてしまい、大変見苦しくなりました(笑)
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23592363.jpg
中身を戻して、準備完了!電子レンジの扉に、ドリルで穴を開けて、本体を固定していきます。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_23030258.jpg
最初に固定したのがコチラ…L型金物が、上下互い違いに固定したんですけど、これだと逆回転でひねったらポロッと取れてしまいました。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_00044586.jpg
で、わかるかな…?こんな感じで、上下の金物が同じ方向を向くように取り付けます。こうすると、どっちにツマミを回しても外れません。
それにしても、切りすぎです…。しかも雑で、とがりまくり…( ̄ー ̄;)危険。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_00073512.jpg
最終的には、こうやって、黒のビニールテープでグルグル巻きにして保護しました。見た目も目立たなくなって、よりガッチリ固定出来てよかったと思います。
あちなみに、扉にはドリルで穴を開けて、本体から延びる棒を通し、先ほどのつまみのパーツに差し込めば、表側も完成。
キッチンタイマーのつまみには、だからビスは使っていません。
ままごとキッチンが出来るまで。4.装飾と仕掛け_e0285303_00120664.jpg
キッチンタイマーが60分だったので、つまみの周りには12分割のメモリを付けました。
キッチンタイマー自体が、あまり正確ではないようなので、この辺は適当です(笑)
裏からアクリル板を止めて、セリアで買ってきたウォールステッカーをペタリ!
測ったようにぴったりサイズ!このシールがすごくいい雰囲気を出してくれました。セリア様様!
レンジのボタンは、モザイクタイルにしようかと思っていたんですけど、セリアでよさげなプッシュピンを見つけたのでそれにしました。
ちょっとピンの長さが長すぎたので、ペンチで半分ぐらいに切って、瞬間接着剤で固定しました。
タイルを貼るより、すっきりしてかっこよくなったと思います!
さて!これで工作の時間は終わりです!
次回はもう完成です!

ままごとキッチンができるまで。

by sadakiti-town | 2017-05-02 00:31 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。3.切る、磨く、塗る

製作1日目。
カットミスした材をカットしなおして調整するも、やっぱり一つパーツが取れなくなり、再びホームセンターで調達。
これでようやくほんとに作業開始。

まずはすべての材をヤスリがけ。
60番の紙やすりで粗削り。240番で仕上げ磨き。
雨だったので室内で窓を開けてゴリゴリやっていたら、途中ツバメが乱入してきたりと大変でした(笑)

次に、ままごとキッチン一番の難所、「シンクの穴あけ」です。

1.天板にシンクのトレーを逆さに置き、型を写す。
2.その線の内側に小さめの線を書く。
3.カーブに沿って、細いドリルで穴を細かく開けていく。
4.引廻しノコを差し込んでカットしていく。

…えー…この辺必死すぎて全然写真撮ってません( ̄ー ̄;)スンマセン
でも、ほら、「ままごとキッチン 天板 穴」とかでググれば、腐るほど情報有りますんで、どうぞ、そちらをご参考に。
一言、付け加えておくとするなら「引廻しノコ、超便利」っていうことでしょうか。
今回買ってよかったと思った道具、No,1です。

さて、天板の穴を開けたら、もはやできたも同然!
次に塗装に入ります。
ままごとキッチンが出来るまで。3.切る、磨く、塗る_e0285303_11211893.jpg
この日は大雨でしたが、早く作りたい一心で、塗装も決行!物干しにレジャーシートをぶら下げて雨除けにしてます(笑)
まずは天板とツマミを、ダイソーの水性ニスで塗装。100円ですが、物はとてもよかったです。においもそんなに気になりません。
「チーク」色、1度塗りですが、なかなかいい色です。
乾かしている間に、扉の組み立てを行います。

扉の組み立て
1.扉の枠を裏を上にして置き、小口に木工用ボンドを薄く塗ってくっつける。
2.つなぎ目をタッカーで2か所ずつ留める。
3.ベニヤの端っこに木工用ボンドを塗りかぶせる。
4.タッカーで思う存分留める。(1辺に3~4か所で十分)

ボンドが乾くのに少し時間がかかりますが、タッカーで抑えとくと、結構すぐにカッチリくっつきます。
ボンドとタッカー最強。
ままごとキッチンが出来るまで。3.切る、磨く、塗る_e0285303_11295577.jpg
扉が出来たらさっそく塗装。黒いのは電子レンジになる予定。アクリル板は後ではめます。
物置から出てきた8年前のペンキが、案外かわいい色だったので、ペンキもこれを使うことにしました。
これが、なんともチークのカラーと相性がよくって!うれしい誤算でした。
※この時は引き出しはまだ作っていません。

雨の中、塗装作業が終了。
翌日から、お楽しみの工作の時間の始まりです。

ままごとキッチンができるまで。


by sadakiti-town | 2017-04-26 11:39 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。2.使えるパーツを探そう

いざ!図面を片手にホームセンターへ!
木材をチョチョイとピックアップして、カットしてもらいます。
カット代は1カット20円でした。
カット割り通りにやってもらうと420円でできます。
(ベニヤは自分でカッターでカットしました。)
安いですよね~。自分でカットする手間を考えれば、お願いしますの一択です。

ついでに、ここで、ホームセンターで購入したものを一覧で書いておきます。
・木材・アクリル板(4㎜厚)・引廻しノコ(500円ぐらい)・木工用ボンド(少量でよい)・瞬間接着剤(木・金属などなんでも使えるやつ、100円ぐらい)・L型金物(4個70円の小さいもの2つ、計8個)・L字金物(4つセットで60円ぐらい)・扉のつまみ2つ・なべタッピングビス12mm1袋

↑こういうのがL字金物ね。

↑こういうのがL型。使ったのはもっとちっちゃいやつだけど。
(…まぁ、ホントの呼び方は他にあるのかもしれんけど、私はこう呼んでいる)

ホームセンターで5000円ぐらいは使います。
このほか、私はもともと持っているのですが、道具類はある程度必要です。
電動ドライバー、ドリルのビット、ノコギリ、金づち、釘(20mmぐらいのやつ)、タッカー、紙やすり、カッター、アクリルカッター、ペイント道具一式…ぐらいかな…。
このあたり、全部そろえる!という場合は、木製キッチン買った方が安いと思います(笑)
都会の大きなホームセンターでは道具の貸し出しや、木工室でやれたりするようなので、そういうサービスも探してみるといいかもしれません。
糸島にはそういうのなさそうです。調べてないけど。

さて、ホームセンターの次は100均へ!
うちの近所にはセリアとダイソーがあるので、梯子します!
ままごとキッチンが出来るまで。2.使えるパーツを探そう_e0285303_2327273.jpg

で、パーツとして購入したのが↑こちらです。
左上:デコラティブな取っ手(セリア・結局使わず)
真ん中上:コンロのつまみをカチカチさせるための木製おもちゃ(ダイソー)
右:シンク用のステンレストレーと水切り網(ダイソー・決め手は縁が太いとこ)
左下:電子レンジのつまみに仕込むアナログキッチンタイマー(ダイソー・200円)
真ん中下:コンロ役のコースター(ダイソー・2枚セット)
そのほか、塗料として、水性ニス(ダイソー・チーク)・黒の水性塗料(ダイソー)を購入しました。
ダイソーの店舗が大きいので、かなり理想に近いものが手に入りました。
シンクは絶対に四角がいい!と思っていたのですが、セリアにはあまりステンレストレーは無くて、ダイソーのほうがサイズも豊富にそろっていました。

ナチュラルでかわいらしいままごとキッチンが多いですが、うちは男の子ですし、どちらかというと、かっこいい、雰囲気的にトラディショナルな感じか、こう…ブルックリンスタイルっていうんですか?(なんなのブルックリンスタイルって)そういう感じにしたかったので、塗料などもちょっとダークな感じで攻めることにしました。メインのカラーはイギリスの塗料F&Bにしようと思っていたので、ここでは買いませんでした。(結局家にあったペンキ使ったんだけど(笑))

さて!これで材料が揃いました!やったね!
ままごとキッチンが出来るまで。2.使えるパーツを探そう_e0285303_23421160.jpg

アトリエを片付けて、DIYエリアを確保。
さっそく木材を立てかけてイメージを確認…

これは…これはもう出来てるやん!!
ま、この後扉を立てかけてみたらどうにもずれているのが発覚…
よく見たら、カットする材間違えてるやん!(私が間違えたので店員さんのせいではない)
というわけで、構想3日目は、このまま紛らわしていくかと悩みながら終わっていくのでした。

いよいよ作成!楽しみだ!

ままごとキッチンが出来るまで
0.プロローグ
1.設計図を書いてみよう
by sadakiti-town | 2017-04-26 10:35 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。1.設計図を書いてみよう

ままごとキッチンを作るぞ!となってからは、電光石火の早業でことが進みました。
まず、ニトリでカラボの調達。


カラボはすでにこれに決めていました。
サイズが置く場所にぴったりだったのと、普通の2段カラボだと狭い印象があったのでちょっとだけ広くなるこちらを選びました。
ニトリからの帰りに、近くのホームセンターで、使えそうな材木の下見。
素材と材の厚み、値段を写真に撮って帰りました。
帰ったらさっそくカラボの組み立て。10分ぐらいで出来上がり。
さて、そこから細かくカラボのサイズを測り、図面を作っていきました。
ままごとキッチンが出来るまで。1.設計図を書いてみよう_e0285303_1752468.jpg


で、作ったのが上の図面です。
最初、できれば図面を無料型紙のページにアップしよう!と思ってたんですけど、意外とカラボがmm単位で誤差があるようなので、今回は作り方だけを書くことにしました。

まずは完成図を大まかに書きます。最初は右下をオープンにする予定でしたが、出来上がってみるとなんかここだけカラボが見えて変だったので、追加で引き出しを作成することにしました。(一番下)

完成図を書いたら、それぞれのパーツを一つ一つ取り出してばらしていく感じです。
ここで、材の厚みが影響する部分などを判断して、必要な材の長さをそれぞれ出していきます。

こうしてみるとえらく細かい感じがしますが、実際はそうでもありません。
布小物でも、木工でも、私はよくこういった図面を書くのですが、すべて5ミリ方眼紙に書いています。
Project Paperがお気に入りです。
書くときのコツは、大体でいいのですが、1/10スケールで書くこと。
つまり、方眼紙の1cmが実際の10cm…という具合です。
幅が72cmなら、7cmとちょっと…という感じ。mm単位まで細かくすることはありません。
ですので、こういった図面は、手書きで線がよれるぐらいのラフさがいいです。
縦横の比率を適当に書いてしまうと、いざ組み立てたときに、イメージ全然違うことになったりしますので、このコツは抑えておいた方がいいと思います。

ここの途中で1日目は終了します。
この日、夜中の朦朧とした頭で、水道パーツなどをネット注文しました。
いろんな手作りキッチンをチェックしましたが、ここの部分の出来栄えが、大きく印象を変えていると思ったので、ここはプロの力を借りようと思ったのです。
楽天で検索したら、こちらを見つけました。


↑サザンツリーというお店です。リンク貼ってあります。
ままごとキッチンが出来るまで。1.設計図を書いてみよう_e0285303_17383855.jpg

2日後やってきたのがコチラ。めっちゃテンション上がりました!

構想2日目。設計図を仕上げて、今度は材木のカット割り。

ままごとキッチンが出来るまで。1.設計図を書いてみよう_e0285303_2123899.jpg


先の図面で起こした材の長さをいかに効率よく割り振るか…。
もはや自分との戦いです(笑)
材木は、いろんなサイズがあるのですが、基本的に長さは決まっています。
1820mm 910mm 600mm の3パターンです。
たまに端材として小さなものも売っていたりしますが、今回はそれは考えずに作っています。

実際は、引き出しは後から付けましたし、痛恨のカットミスもあったりで、私はこんなにうまく割り振れてなかったのですが、今回改めて作るなら…と思ってきれいに割り振りし直しました。

さぁ!これで図面は完成であります!
もうここまで来たら早く作りたくてウズウズです!
構想3日目。楽しい楽しいパーツ探しの旅へ続きます。

ままごとキッチンが出来るまで。
0.プロローグ
by sadakiti-town | 2017-04-26 10:32 | コソダテノコト

ままごとキッチンが出来るまで。0.プロローグ

ままごとキッチンが出来るまで。0.プロローグ_e0285303_16162261.jpg


ご無沙汰しております。さだきちです。
イベントも終了して1か月以上が経過しました…( ̄ー ̄;)
ネットショップは以前休業中ですが、なんとかGW中には再開したいなと思っている次第の今日この頃。
皆様お元気でしょうか。

イベント終了後から、今月まで、なんやかんやと忙しかった( ̄ー ̄;)
イベント後すぐに仕事の話をいただき、慌てて保活なんぞもやってみたが、糸島市でも待機児童がいらっしゃるとのことで、おお…働けねぇ…日本シねだ!これが日本シねか!と興奮してみたりと大変でした。
(その後、仕事の話は流れました(笑))

さて、大きく話がそれましたが、4月。我が家では大きなイベント、息子の誕生日があります。
去年とは打って変わって、特にイベントらしきものもなく…なんだか地味な印象。
3月に英語教材頼んでみたりしたので、もうプレゼントもいいんじゃないかな?やってもわかんないだろ?みたいな横着をかましていたところ、お隣のYちゃん(唯一のママ友)に聞かれました。

誕生日プレゼント何にするの?(o^-^o)

純真無垢な優しい笑顔で問いかけるYちゃんに、あなたは言えますか?

「え?何にもやらんけど?」

なんて言えますか?

言えるわけがない!


そんなわけで、答えましたよ。

「い…いやぁ…何がいいかわかんなくってぇ…(*´з`)テヘッ」

その夜、血眼でGoogle先生に聞きました。

「2歳 誕生日 プレゼント」

Google先生は答えてくれます。

「ジャングルジム」「おままごとセット」「三輪車」「ストライダー」etc...

※以下、旦那に言っている風の独り言が続きます。

おままごとか…おままごと…おままごといいな…
ウッディプッディな。木のヤツな。いいよなぁ。
支援センターでも時々遊んでるしなぁ。
それに、あれいいよなぁ。
キッチンな!ままごとキッチンな!
作りたいよなぁ。かっこいいやつ作りたいよなぁ…。
(この辺で、もう作ることに決めている)
でも買った方が安いんじゃない?(ホントは買う気はない。)
IKEAのやつとかかっこいいじゃん!?(ガスが縦並びなのが気に食わない)
(この辺でminneあたりのハンドメイドキッチンを眺め始める)
木製の奴高いな~。こんな高いの無理だな~(作る気満々なので買う気は毛頭ない)
卓上キッチンとかあるやん!1万しないやん!(同上)
え~~、どうする~~。IKEAにする~~?(同上)
作るの難しいかな~。え~無理かな~?(心にもないことを)
(このあたりでニトリのHPでカラボを物色)
ちょっとスケール(巻尺)どこやったっけ?(おもむろにカウンター下のサイズを測りだす)
おお…おお…いいやん。ちょうどいいやん。
いや~~、でもな~~、難しいかな~。どうかな~~。
(このあたりでアトリエにこもって図面引き出す)
う~~ん。よし。とりあえず、明日ニトリ行くわ!
カラボないと、図面引けんわ!

はい。作ること決定。


そんなわけで、構想3日。作業日数4日。計1週間でままごとキッチンを作りました。
次回より、その記録を書いておきたいと思います。

我が子にままごとキッチンを…と思っているご両親諸君の誰かに参考にしてもらえれば幸いです。
by sadakiti-town | 2017-04-25 16:59 | コソダテノコト

【ヒトガタ開発記】デビルちゃん

おいでやす。本日も息子に邪魔されながら書いております。さだきちですよ。

今日はヒトガタシリーズ第2弾のデビルちゃんをご紹介。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_9575132.jpg

天使ちゃんを基本に、セクシー路線を突き進んだデビルちゃん。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_9575991.jpg

チチバンドもしとります(笑)
天使ちゃんは性別ないんですけど、デビルはやっぱり女性でしょ?
というわけで、上半身裸はちょっと・・・倫理的にちょっと・・・(笑)
首には真っ赤なビーズをポイントに。実は口の色も天使ちゃんとは違うんですよ。
かぼちゃパンツはラメ入りのキラキラチュールを使用しています。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_958364.jpg

おしりからはキラキラのシッポ。羽もハードフェルトのかっちり仕上がりになってます。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_95881.jpg

ロングヘアのデビルちゃんは髪が邪魔で羽が見えませんがちゃんと付いてます。
ひょっこり出てくるしっぽがなかなかかわいいと思うんですけど、いかがでしょ?
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_9581271.jpg

頭には赤いツノとヘッドドレスも付けました。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_1074255.jpg

チリチリの髪の毛の子も作ろう!と思って作ったら、おばちゃんにしか見えないおばデビルちゃん(笑)
これはこれで気に入っております。
おばデビルちゃんにはヘッドドレスはついてません。見えないんで。
【ヒトガタ開発記】デビルちゃん_e0285303_9581679.jpg

ちなみに天使ちゃんの方には、さらに高齢化したおばあちゃん天使も誕生しました。

ヒトガタチャームは今後種類を増やしていく予定です。
また試行錯誤を繰り返して、ロングテールの新たな定番に育ってくれるといいな…。
すべては私のがんばり次第なのだけども。がんばろ。
by sadakiti-town | 2016-11-01 10:18 | アミグルミ

【ヒトガタ開発記】天使ちゃん

おいでやす。
なんだか冷え込んでいる福岡でございます。先週までなんか蒸し暑かったというのに…。
そろそろ病弱で有名なうちの旦那様が風邪でもひくんではなかろうかとドキドキしております、さだきちです。

今日から本格的にブログも復帰していきたいと思います。
毎日…は難しいかもしれませんが、できる限り更新していきます。
長文書くのも久しぶりです。よろしくお付き合いいただけたらと思います。

今日の話題は新商品の天使ちゃんです。

2年前、休業前の最後のイベントFCM10にて、お客様から「髪の毛がある人形がほしい」というリクエストをいただきました。
お子様用のお人形を探しているとのことで、手乗りがかわいいけど「髪がない」のが残念とのこと。
小さな子の情操教育かなんかわからんけど、そういうのに人形には髪の毛は重要なんだとかなんとかとご説明いただきました。
長い説明を聞くと、すぐに忘れるという才能を発揮する私ですので( ̄ー ̄;)細かいところは覚えておりませんが( ̄ー ̄;)オイオイ、とにかく「髪のある人形のほうがいい!」というご意見でした。

そうか。そんなら作ってみようか。髪の毛のある「ヒトガタ人形」!
そんなわけで開発することになったヒトガタシリーズであります。
【ヒトガタ開発記】天使ちゃん_e0285303_13544518.jpg

天使ちゃんはシリーズの記念すべき第1号。
バッグチャームになるぐらいのサイズで考えていたので、本体部分のサイズや毛糸の太さはすぐに決まったのですが、とにかく髪の毛に使う糸がなかなか決まらず…。
天使ちゃんの生首だけ5~6個試作し、最も合うものを選びに選びました。
綿を入れて、くっつけてみないとバランスもわからないので、天使ちゃんの無残な残骸がごろごろ転がる凄惨な制作現場(笑)
何度も試作を繰り返して、この天使ちゃんのベースが出来上がりました。
顔の整形も何度も繰り返し、これまでにはない感じにしたくて、鼻や口も付けることに。
でも、目だけは線目で私らしさを残したつもりです(笑)
【ヒトガタ開発記】天使ちゃん_e0285303_13544353.jpg

洋服にもこだわりたくて、ふわふわのかぼちゃパンツをはかせました。
パンツの素材も5種類ぐらい試して、このチュールレースに落ち着きました。
パンツにはパールビーズを一粒一粒縫い付けて、天使のキラキラ感をプラス。
首元にもシルバーとピンクのビーズでポイントを作りました。
【ヒトガタ開発記】天使ちゃん_e0285303_13543915.jpg

天使のわっかは、ゴールドの細いワイヤーに、キラキラのゴールドビーズを通して作りました。
面取りのビーズなので、光に当たるとキラキラと輝きます。
【ヒトガタ開発記】天使ちゃん_e0285303_13542949.jpg

羽も、編んだり縫ったり切ったり貼ったり…いろんな方法を試して、この形に落ち着きました。
柔らかなフェルトの羽がひらひらと揺れるかわいい羽根になったんじゃないかと思います。

なんとなく始めた「ヒトガタ」開発。
意外とこれ、新しい扉開けそうじゃない?
そんなわけで、天使を作ったんだから、次は悪魔だろ?
というわけで、シリーズ2作目デビルちゃん開発に続きます。
by sadakiti-town | 2016-10-31 14:24 | アミグルミ